ごくごく平凡な僕たちが、舐めてはいけない、自己紹介

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたのアイデアが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。

9割以上の講師が、セミナーがスタートして
すぐに自己紹介をします。

あれって、なんでですかね?

参加者が初めての方がほとんどだから
自己紹介をするのは、
当たり前といえば当たり前です。

それなら、

「初めまして、亀田 智仁です。
今日はよろしくお願いします」

ぐらいじゃ、ダメですかね?

「いや、ダメでしょう」
と思ったあなた。

そうなんですよ。
ダメなんですよ。

じゃあ、その後も自己紹介を続けるのは
何が狙いでしょうか?
そこまで考えたことは、ありますか?

ここに回答できないとすると
自己紹介の使い方が
もったいないかもしれません。

私が「なぜ、自己紹介をするのか?」
と聞かれたら、答えは、、、

 

~~~~~~~~~~
参加者の「共感」と「信頼」を得るためです
~~~~~~~~~~

 

と、回答します。

最初に、「共感」と「信頼」が得られなかったら
その後は、参加者の集中力が高まらず
ちょっと(?)辛い時間になってしまうかも。

だから、自己紹介は、本当に大切なんです。

合わせて、良く聞かれる質問の1つに
自己紹介は何分ぐらいすればいいですか?
と言うものがあります。

この質問への回答は、
「共感」と「信頼」を得られれば
1分で終わってもいいし、30分かけてもいい
というのが、私の答えです。

ここでポイントなのは、
これは「僕(私)の答え」であること。

あなたには、あなたの狙いが
自己紹介に込められていればOKです。

さけたいのは、
「セミナーは最初に自己紹介する」
という思い込みだけで

何の意図も狙いもなく、
自己紹介をしてしまっていること。

あなたの自己紹介を見直してみてください。
意図と狙いがなかったかもな、、、
と思われたら、まずは

「共感」と「信頼」を得ることを目指して
ブラッシュアップしてみてください。

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
セミナー冒頭で何の意図も狙いもなく、
自己紹介をしてはいけない。
自己紹介の目的は、
参加者の「共感」と「信頼」を得るため。
=====================

 

ビジュアルマップ01
ビジュアルマップ02


好きな生き方を選べるように

13年間、起業したくでもできない中堅社員だった亀田が、手持ちの知識・スキルをリノベーションして、【自前で稼ぐ力】を得た方法をお伝えします。

自分自身のこれまでの人生の軌跡や、あなた商品化プランナーとして多くの起業を目指すクライアントの話を聞く中で、起業準備でつまづくポイントには、【ある共通点】があることがわかりました。



あなたの「人生の軌跡」こそが
自分らしい売れるビジネスを創る!
7日間ステップアップメール講座

〜9割の人がハマる起業準備の3つの落とし穴とは?〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください