ごくごく平凡な僕たち、最近、上手くっていないんです、、、

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

異業種交流会や
会員制のコミュニティに
月一度くらい、
顔を出すことがありますが、

顔見知りの人に

いかがですか?
好調ですか?

とご挨拶がてら、
質問することがあります。

こんな風に質問されると、
謙虚な日本人の9割以上は

「そうでもないんですよ、、、」

という回答をされますよね笑

先日、あるクライアントさんから

「成約率がイマイチなので
アドバイスをしてください」

と言われました。

さて、あなたがコンサルをしていて
クライアントから、

「成果が出ていないのでアドバイスが欲しい」

と言われたら、なんと言いますか?

私は、最初に

「成約率がイマイチ、とのことですが
実際には、何%ですか?」

と伺いました。

ほとんどの方は、
「調子が悪い」と言っても、
数値が分かっていません。

実際その時も、一生懸命、
記録をひっくり返して、
成約率のデータを一緒に創り、

成約率がわかるまでに
1時間弱かかりました。

実際に出てきた成約率は、30%ほどでした。

で、ここで2つ目の質問をしました。

「30%で、成約率が悪いんですか?
 何%ならいいんでしょうか?」

ちなみに、そのクライアントさんは、
今までセールス経験、ほぼゼロ。
僕がセミナーのやり方をお伝えして
5ヶ月ほどの方です。

成約率が30%で低い???

率直に、

「30%って、かなり上々だと思いますよ。
これ以上、上げろ、と言われても、
厳しいです」

と、お伝えしました。

何が言いたかったか、というと、、、。

あなたも、
「調子が良い」「調子が悪い」
を、感覚で言っていませんか?
ということです。

調子が良い時期が続いたりすると
自分の中の基準が上がります。

それ自体は、とても良いことなのですが

その基準から見てしまうと、、、
さらに、数値も曖昧だったりすると、
本当は、悪くないのに、
「調子が悪い」と思えてしまうことがあります。

目標数値を明確にして
数値をとった上で、
「調子がいい」「調子が悪い」を
判断してみてください。

打ち手が変わってきますよ。

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
「調子が良い」「調子が悪い」 を、
感覚で判断しない。目標数値を明確にして
数値をとった上で、調子を判断してみる。
=====================


好きな生き方を選べるように

13年間、起業したくでもできない中堅社員だった亀田が、手持ちの知識・スキルをリノベーションして、【自前で稼ぐ力】を得た方法をお伝えします。

自分自身のこれまでの人生の軌跡や、あなた商品化プランナーとして多くの起業を目指すクライアントの話を聞く中で、起業準備でつまづくポイントには、【ある共通点】があることがわかりました。



あなたの「人生の軌跡」こそが
自分らしい売れるビジネスを創る!
7日間ステップアップメール講座

〜9割の人がハマる起業準備の3つの落とし穴とは?〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください