ごくごく平凡な僕たちの、起業の失敗事例って、知りたいですか?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

起業したばかりのころ、
マーケティングリサーチを
したことがあります。

中堅会社員の起業サポートについての
リサーチだったのですが、

その時、驚いたのが

「起業の失敗事例を知りたい」

という声がとても多いことでした。

ビジネスがうまくいかなかったら
どうなってしまうのだろうか?

自己破産とかになるの???
再就職できるの???

などなど、その後が知りたいんでしょうね。

起業に失敗したら、どうなるのか?

残念ながら(?)、僕は起業した後、
なんとか継続しているので
自分の体験は、お伝えできません。

でも、起業が失敗したら、、、と
考えることはありましたし、
今でも、これから食えなくなったら、、、

と、考えることはあります。

でも、そんなに心配していません。
食うには困らないだろう、
と思っているから。

起業して、真剣に取り組んだ人なら
相応のスキルや経験があるのはもちろん、
絶対に人脈もできています。

食うに困る状況になったら
そのスキルと経験を使ったり
信頼できる人脈を辿れば

食うに困らない程度の仕事は
絶対に手に入ります。

逆に、真剣に取り組んでいないと
スキルも経験もイマイチで、
信頼してくれる人脈もなく、
困ったことになるかもしれません。

そんな状態だから、起業に失敗すると言えるし
起業して困らないくらいだと
起業に失敗しない確率が高い、

とも言えそうですね。

だから、

起業に失敗して困らない人は、
起業に失敗しない、という
逆説的(?)なことが、
僕の回答かもしれません。

ちなみに、、、

起業の失敗事例を知りたい、
という心理のポイントは、

「知らないことは怖い」

ということ。

逆に言えば、

「知ってしまえば、安心する」

とも言えるかもしれません。

ということは、、、

あなたがビジネスを創るときに
あなたの失敗経験も知りたい人が
確実にいる、

ということです。

ぜひ、セミナーを構築する際や
サービスメニューを考えるときに
あなたの事業分野での
ご自身の失敗体験を反映してみてください。

絶対に喜んでくれる人がいますよ。

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
あなたがビジネスを創るときに
あなたの失敗経験も知りたい人が
確実にいる。あなたの事業分野での
自分自身の失敗体験を反映してみる。
=====================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください