ごくごく平凡な僕たちは、なぜ無料セミナーを避けるべきなのか?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

フロントエンドセミナーを
開催するときに、悩むことの1つに

「価格設定」があります。

 

一般的には3000円~5000円ぐらい

が相場でしょうか。

 

でも、なかには1万円を超えるものも、
あったりしますし、なかなか難しいところです。

とはいえ、価格を上げれば上げるほど
参加のハードルが上がりそう、、、

となると、逆に、無料もありでは?
と考えたりもします。

で、今日の本題が、

「フロントエンドセミナーは
 無料でもいいのか?」

なのですが、、、

 

僕の結論を言うと、

【無料はなし】

ですね。

 

振り返ってみると
無料セミナーをしたことは
過去に1度も記憶にありません。

無料のメリットは、

「参加のハードルがさがることで
 気軽に来てくれる人が増える」

なのですが、、、

逆に言うと、
「ドタキャン」「無断欠席」の
ハードルもだいぶ下がります。

これ、参加者として考えてみれば
わかりますよね。

10万円支払っていたら、
優先順位をあげてでも行こう!
となりますが、

無料だと、
またタイミングがあった時でいいや

となりがちです。

そして、無料につきまとう「怪しさ」という
問題(?)もあります。

「ただより高いものはない」

というのが、感覚的にも、
経験的にもありますからね。

一般的には、3000~5000円だと
参加人数は変わらない、と言われます。

セミナーをやるときは、
有料で、と考えてください。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
セミナーをやるときは、 有料で開催する。
3000~5000円くらいだと、無料の場合と比べて
実は、参加率はさほど変わらない。
「ドタキャン」「無断欠席」を予防すると同時に、
「ただより高い物はない」という怪しさを払拭しよう。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください