のび太くんは、なぜ、ドラえもんに泣きつけるのか?

こんにちは。

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁 です。

 

起業してよかったと思うことの一つに、

「子どもとの時間を、
自分の意思で確保できるようになった」

ということが挙げられます。

 

会社員の時は、どうしても、
会社の都合で、
時間を思い通りに取れていたわけでは
ありませんでした。

 

だから、今、
本当に起業してよかったと、
一人の親としても、
思います。

そんな子どもとの時間の中で、
ある国民的アニメが、

実は、
起業家の窮地を救うのヒントを
与えてくれていたことに
気が付いてしまいました!!

そのアニメとは!?

全国民が漏れなく見ている 、
あの『ドラえもん』です。

ということで、
今回ご紹介したい動画は、

「起業家のための『ドラえもん』」

になります。

【お客さんから必要とされる存在】

 

そもそも、
起業をするということは、
こんなリスクを背負いこむことを
意味します。

「安定した収入が約束されないから、
 食べていける保障はない。

 生活の為に、イヤな顧客に、
 足元を見られて、
 イヤな顧客の言いなりに
 なってしまうのでは」

あなたも、そのような不安、
感じること、ありませんか?

この解決を教えてくれるのが、
『ドラえもん』
です。

いえ、

4次元ポケットから、
起業に役立つ道具を出してくれる、
というわけではありません 笑

内容そのものに、
不安の解決のヒントがあるのです。

と言いますのも、、、

起業してから、
改めて『ドラえもん』を見て、
不思議に思いました。

なぜ、スペック上は、
妹のドラミちゃんの方が優 れているのに、
のび太くんは、いつもいつも、
兄のドラえもんにだけ、泣きつくのか?

実は・・・

この答えがわからないまま、

起業をすると、、、

飢え死にする羽目になるかもしれません。

上記の答えをお伝えすると、

「のび太くんに必要とされる

関係を築いているのは、

ドラミちゃんではなく、

ドラえもんだから」

毎回、パターンは決まっていますよね。

1:のび太くんが、「毎回」
  ドラえもんに泣きつく(必要)

2:ドラえもんが、「すぐに」
  道具を出す(提案)

3:のび太くんは、「素直に」
  道具を使う(解決)

「のび太くん=お客様」
「ドラえもん=あなた」
としたら、

お客様と、
このような関係を築くことができたら、
あなたの起業家としての収入の不安は、
徐々になくなります。

他にもいろいろと、

起業家が飢え死にしないための
『ドラえもん』からの学び

をお話しております。

ぜひご視聴下さい。

【お客さんから必要とされる存在】

= = =  = = = = = =

1:起業家が飢え死にしないコツは、
   必要とされること
(~10:57)

2:必要の「され方」
(10:58 ~ 16:48)

3:商品作りよりも優先すべき起業の準備とは
(16:49 ~ 18:08)

4:まとめ
(18:09 ~  26:28)

=  = = = = = = = =

自由を求めて起業したのに、
生活の不安から、
余計に不自由を強いられるなんて、
本末転倒ですよね。

そうはならないためにも、
起業家として、
お客様から必要とされる存在に
なってくださいね。

【お客さんから必要とされる存在】

 

あなたのお役に立ちましたら、うれしいです。


「起業はしたいけど、すぐに稼げるスキルがあるか不安」 「自信がない・・・」とお悩みのあなたへ

107名中103名が成果実証済!

新しい資格やスキルは一切不要!

あなたの「やりたいこと」「スキル・経験」から、【成功する起業ネタ】を見つけ、

【売れる商品・サービス】を構築する方法を知りたくありませんか?






あなたの「やりたいこと」
「スキル・経験」を、たった10日で
売れる商品・サービスに変える!

【あなた商品化】メール講座

全10回の講座を【完全無料】公開!

※起業準備の失敗をゼロにする
 12のチェックポイント集付き



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください