【起業成功の秘訣】あなたは、〇〇の専門家になれていますか?

こんにちは!
あなた商品化プランナーの
亀田 智仁 です。

亀田が、セミナー等で
お会いした方々から
よくいただくご質問があります。

「起業に興味あるのですが、
まだ何者でもない自分に
できるのでしょうか?」

「手に職がないので、
起業しても、
うまくいく自信がありません」

「何かの専門家としての実績を
出せているわけではないので、
お客さんに選ばれるなんて、
ムリかもしれないと思っています」

お気持ち、とても分かります。

亀田も通ってきた道ですから。

曲がりなりにも、
起業をしたい方々のご支援を
亀田が続けられてきたのは、
ターニングポイントが
あったからです。

ある時から、亀田は、
「○○の専門家」
になることができたので、
起業家としてやってこれました。

そして、、、

あなたも、同じように、
「○○の専門家」
になれさえすれば、
起業家として成功できる
よ うになります。

この「○○」に入る言葉、
何だと思いますか?

(2文字ではありません)

答えは、、、

「お客さんの頭の中」の専門家

です。

このことは、
「あなたの競合は誰か?」
という問いに置き換えると
イメージしやすくなります。

例えば、あなたが
ダイエット食品業界で
働いているとした場合、
競合といえば、
まず、同じ業界の他社
がイメージできると思います。

ですが、
同じ業界の 他社だけが、
競合になるわけではありません。

ダイエットという目的を
果たすために、

●痩身エステ
●フィットネスジム
●レコーディングダイエット

などなど、

ダイエット食品業界の外にも
いろんな手段があります。

このダイエット食品のように、
従来 の業界の垣根を超えて、
多数のライバルが存在している方が、
今の世の中、圧倒的に多いです。

ダイエットをしたいお客さんの
「頭の中」の選択肢は、

●ダイエット食品
●痩身エステ
●フィットネスジム

などがあるということを、
よく理解しないといけません。

ついつい我々は
自分の業界内での差別化ばかり
考えてしまいます。

お客さんの頭の中での
ポジションづくりが
もっと大切なことなんですよね。

お客さんが、頭の中で、
どのような基準で
比較するか、選ぶか
あなたがよく理解できたら、
あなたが創るビジネスは、

まるで、
カンニングペーパーを
手に入れたテストのように、

成功確率が非常に高くなります。

ハイポジション=ハイプライス
が構築でき、事業は安定に向かいます。

この「お客さんの頭の中」の専門家
になることについて、
動画でお伝えしています。

= = = = = = = = =

【落とし穴から救われた】
思い込み・勘違いが招くワナ

= = = = = = = = =

1:起業家が落とし穴から救われた事例
( ~ 5:50)

2:起業家が覚えておきたい
LCCの成功要因
(5:51 ~ 9:29)

3:起業家がなるべき「専門家」とは
(9:30 ~ 14:04)

4:起業家を落とし穴から
  救うリサーチの方法とは
(14:05 ~  17:40)

5:起業家が名乗るべき職業とは
(17:41  ~  19:39)

6:リサーチで得た結果の使い方
(19:40 ~ 21:27)

7:リサーチゼロは自殺行為
(21:28 ~ 23:25)

8:まとめと、
  オススメのあなた商品化アクションプラン
(23:26 ~ )

= = = = = = = = =

あなたが、
「お客さんの頭の中の専門家」
になれさえすれば、

冒頭のような不安があっても、
あなたのはじめての起業は成功します。

「あなたの競合は誰か?」
という問いの本質は、

============

あなたにとって有利な
お客さんの脳内ポジションを
特定すること

============

なんですね。

あなたのはじめての起業成功
を応援しております。


「起業はしたいけど、すぐに稼げるスキルがあるか不安」 「自信がない・・・」とお悩みのあなたへ

107名中103名が成果実証済!

新しい資格やスキルは一切不要!

あなたの「やりたいこと」「スキル・経験」から、【成功する起業ネタ】を見つけ、

【売れる商品・サービス】を構築する方法を知りたくありませんか?






あなたの「やりたいこと」
「スキル・経験」を、たった10日で
売れる商品・サービスに変える!

【あなた商品化】メール講座

全10回の講座を【完全無料】公開!

※起業準備の失敗をゼロにする
 12のチェックポイント集付き



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください