ごくごく平凡な僕たちが、成果を出すための休暇の過ごし方2

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたのアイデアが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

前回の記事では、休み中は、休みに100%集中
しましょう、ということをお伝えしました。

なので、あなたが、いま長期休暇中なら
今回の記事は読んでいないかも
しれないのですが、、、(笑)

今日は、もう1つの
「成果を出す人」の休暇の過ごし方を
お伝えします。

その、もう1つの「過ごし方」とは、、、

~~~~~~~
「成果を出す人」は、
お休みをとりません
~~~~~~~

休み無しで、馬車馬のように働け!
ということ???

では、ありませんよ。

どういう意味かというと、
「人が働いている時に休んで」、
「人が休んでいる時に働く」
という意味。

だから、世間が長期休暇をとるときは
普通に、普段通りに働く。

逆に、世間が働いている時に
ゆっくり休みをとる。

こうした休暇の取り方をするには
大きく2つの意味があります。

1つ目。

みんなが休みのときは、
何をするにも混んでいるし、値段が高い。

これは、説明するまでもありませんね。
読んでいただいたまんまです(笑)

2つ目。

成果を出す人になりたければ
少数派でいることを意識する。

「成果を出す人」というのは、
3~5%と言われます。

ということは、
世間と同じ = 95%の側
になってしまうので、

休みの取り方さえも、5%を意識する
ということです。

ということは、
この記事を読んで
仕事に取り組もう、と
あなたが思われているとしたら、、、

5%の側 = 成果を出す人

の思考・行動になっているのかも
しれませんね!

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
成果を出すための休暇の過ごし方、
2つめは、「人が休んでいる時に働く」こと。
成果を出す人になりたければ
休みの採りかたさえも、少数派でいることを意識する。
=====================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください