ごくごく平凡な僕たちが、売り込み感を出すべき時はいつ?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

前回の記事では

「売り込んでいるかどうかは
関係ない」

と言うことをお伝えしました。

大切なのは、【結果】ですよ、と。

これは間違いないことなのですが、、、
お客さんによって

「売り込み感」をどの程度出すか、

は、ちょっと変わります。

売り込み、と言うと、言葉が強く感じられるなら

「セールス感」と言ってもいいかもしれません。

お客さんによって変えると言うのは、
分かりやすく言うと、

「経営者」「起業家」などは

セールス感をきちんと
出した方が良い、傾向が強い

という事ですね。

特にうまくいっている経営者・起業家ほど
売り込まれることや、お金の会話について
抵抗感がありません。

それなのに、曖昧なことを言っていると

「で、それは、うちにとって良いものなの?」

「つまるところ、どれがベストなの?」

と言うような思いを持たれます。

以前、あるクライアントさんから

「個別面談で話も盛り上がり、
 すごく興味がある、と言ってくれるのに

 最後に、タイミングが違う、と言われることが
最近、続いています」

と言う相談を受けました。

そのクライアントさんのお客さんは
経営者や起業家。

僕のアドバイスは

「タイミングが違うんじゃないです。
経営者は結果が出るなら、
いつからでもやりたいんです。

あとは、最後にひと押し、
結果が出るのでやりましょう!

と、言ってください」

でした。

経営者・起業家と言われる方が見込み客の方は
ぜひ、「〇〇さんには、これがベストです!」
と言い切ってください!!

それだけで、成果が変わりますよ。

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
経営者・起業家が見込み客の方は
ぜひ、「〇〇さんには、これがベストです!」
と言い切ろう!!
=====================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください