ごくごく平凡な僕たちは、自分で売上に限界を作っていないか?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

ビジネスが回りだし、
売上に加速がついてきたころ、
ビジネスの師匠に相談したことがあります。

それは、

「これ以上、
 セッションを受けられず
 売上を立てられないんです」

というものです。

そのとき話をしたのは、

「セッションは1回2時間」
「対面のみ」

と決めている、ということ。

そして、
僕のクライアントは、
これから起業したい会社員。

ということは、クライアントさんが
セッションを受けられるのは、
平日の夜か、土日のみ。

土日にセッションを1日中したとして
1日3~4人が限界。
平日の夜は1件やれればいい方。

単純計算で、1週間の
限界セッション人数・回数は、10人前後。

しかも、スケジュールが
うまく埋まった場合に限ってです。

「スカイプだと伝わりづらい」
「1時間では時間が足りない」

と、僕は言い続けました。

でも、上記のような計算を
師匠としてみたところ、

「スカイプ1時間を試してみます」

となりました。

そして、数人にスカイプを試したところ、、、

「スカイプいいですね。
 クライアントさんも、移動時間などがなく
 良い面もたくさんあって、喜んでくれています。

 1時間と決めてスタートすると
 2時間と変わらない内容が伝えられます。

 これができるなら
 日本中にクライアントが持てる、
 ということですよね。

 しかも、自宅で仕事ができるし。
 めちゃくちゃいいです!」

と言っていた自分がいました(笑)

これ、スカイプに限った話ではありません。

「場所は、ここ」
「時間は、午後のみ」
「週末は、できない」
「エリアは、東京だけ」

などなど、

いつの間にか、自分のビジネスに、
ルール・制限を設けていませんか?

それって、もしかしたら
不要かもしれません。

そうした決まりを作る戦略もありです。

ありですし、
例えば、スカイプでは伝えられない、
教えられないと言うこともあると思います。

ただ一方で、ご自分の

・時間の使い方
・顧客数

に限界を設けている、

と言う側面もあることを踏まえた上で、
もう一度、見直してみてください。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
いつの間にか、自分のビジネスに、
ルール・制限を設けていませんか?
それって、もしかしたら不要かもしれません。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください