ごくごく平凡な僕たちの、セールス力が高いこその悩み

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

僕がお手伝いしていることの
1つは

「営業が苦手なまま」
売れるようになること。

セミナーも、そのための
手段の1つ、と考えています。

僕もそうですが、

実際に、多くのクライアントさんが
「営業が苦手なまま」
売れるようなります。

なるのですが、、、

その結果、
こんな相談・質問を受けることがあります。

「申し込んだ時は、すごく乗り気だったのに
 後日、断られることが何度かあります」

と。

そもそも、「買い手の後悔」という言葉が
あるぐらいなので、購入後に、考えが変わる、
というのは、珍しいことではありません。

でも、この現象は、
「セールス力が高い」からこそ、
出てくる悩み、とも言えます。

営業が苦手なのに、「セールス力が高い」
という、一見、矛盾するようなことが起こるのは、、、

ちょっと綺麗にいうと、
「お客さんのことを本気で考えている」から。

そうすると、お客さんは、

「こんなに自分を応援してくれている」
「今まで躊躇してたけど、今日は踏み出そう!」

と思います。

もちろん、そう考えて、進める方もいますが

一方で、それは一時の気の迷い(笑)で、
「やっぱり、、、」と元に戻る方もいます。

大切なのは、それは、悪くもなんともない、
ということを理解すること。

そういう時は、
「あ~、セールス力が上がったんだな」と
思って、あとは、お客さんに

「ご検討いただき、ありがとうございました。
 また、機会があれば、ぜひ、お声がけください」

と、爽やか(?)に
メッセージを送って終了です。

そうすれば、お客さんも気持ちよく前が向けて
また、次の機会があれば、お声がかかります。

その後、追客するのも悪くはありませんが

「やるって言ったのに、申し訳ないな、、、」
と思っている方に、深追いしすぎると、

「話すのがしんどいな、、、」と思われて
関係性が終わってしまうこともあるので
注意してくださいね。

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
「お客さんのことを本気で考えている」からこそ、
乗り気のお客様から後日、断られることもある。
それは、セールス力が上がった証拠。
=====================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください