ごくごく平凡な僕たちは、セールスでは気合厳禁!?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

セミナー後に、説明会を
しているのですが、

セミナーが終わると
半数の方が
帰ってしまいました、、、

こんな相談を受けました。

セミナーから、説明会に移る際にオススメなのは

「このあと説明会になります。
 興味がなければ、お帰りください」

と、ちゃんと案内をすることです。

いきなりセールスに入ると、

「売り込まれた!」

という感覚を持つ方もいらっしゃるので。

ですが、、、正直、きちんとセミナーをすれば
帰る方が少数派、もっと言えば、
帰る方はほとんどいないものなのですが。

今回の相談は、半数が帰った、というもの。

いろいろとお話を聞いていくと、、、
原因が見えてきました。

その原因とは、、、

「気合の入れすぎ」

もしくは、

「緊張しすぎ」

という感じでしょうか。

せっかくそれまで盛り上がっていたのに

「この後は説明会になります」

と案内した時に、改まりすぎていたことが
わかったんです。

急に真面目になるといえばいいのでしょうか。

ご本人もセールスパートになるので
ちゃんとしなくては、と思ったようなんですね。

オススメは、

楽しい雰囲気で来たのなら、

「説明会になります。
 説明会も楽しいので、ぜひ参加してください」

と、【その雰囲気を継続する】こと。

逆に、それまで真面目な雰囲気で来たのなら
そのまま真面目な雰囲気で行くこと。

それまで作った雰囲気・空気感を変えない
というのが大切なんです。

これ、1対1の商談・セールスでも同じ。

それまでの雑談や、現状確認などでは
笑顔もあったりで盛り上がっていたのに
サービス紹介になったとたん

「それでは、説明させていただきます」

なんて
改まると、相手も緊張しちゃいますからね。

セールスパートだから、と気合を入れたりせず
それまでの流れを続けてください。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
セミナーの雰囲気を、説明会・個別相談でも
そのまま継続すること。改まる必要はない。
気合や緊張は、そのまま相手に伝わり、結果、
相手にも緊張を生み、撤退の判断を強化してしまう。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください