ごくごく平凡な僕たちが知っておきたい、セミナーを使ったビジネスモデルとは?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

僕は普段、
セミナー構築の方法や
ポイントをお伝えしています。

していますが、、、

そもそもビジネスの中に
どうやって
セミナーを組み込むといいのか?

セミナーを組み込んだ
ビジネスモデルは、どうすればいいの?

という疑問を持たれている方もいるのでは???

僕にとっては、すごく当たり前のことですが
わからない方がいても不思議じゃないですよね。

そこで、改めて、
セミナーをどうビジネスモデルに組み込むのか?
というのを、お伝えしようと思います。

これは、コンサルビジネスはもちろんですが
それ以外のビジネスにも使えるモデルです。

▼ステップ1 見込み客を集める
ネットなどを使って、
広く見込み客を集めます。

▼ステップ2 セミナー集客をする
ステップ1で集めた、見込み客はもちろん、
チラシや、セミナーポータルサイトなども
使って、集客をする

この時のセミナーは、
フロントエンドセミナーと呼ばれるもので
気軽に参加してもらえるように
 3000~5000円程度の参加費が一般的です。

▼ステップ3 個別面談をする
ステップ2のフロントエンドセミナーの
参加者の中の希望者と、個別面談をします。

お話を伺った上で、目標達成や、
現状の課題克服のお手伝いができれば
サービス・商品を紹介する

▼ステップ4 サービス提供
個別面談後、契約になった方に
・個別コンサル
・集合型講座
などのサービスを提供する

ステップ2のフロントエンドは
3000~5000円程度、とお伝えしましたが
このサービス提供は、
 30万円以上、B to Bであれば100万円以上
 の価格で提供します。

フロントエンドセミナーを組み入れることで

・セールスフローを要約できる
・高額化しやすくなる

というのが、大きな魅力です。

セールスフローが要約できる、というのは

最初から1対1で毎回お会いするのではなく、
1対多で、お会いした方の中で、

興味を持っていただいた方とだけ
1対1でお会いすることで、
効率がよくなる

のはもちろんですが、

参加者である、お客さんにとっても
最初のセミナーで自分に必要かを
判断してもらいやすくなります。

僕はもちろんですが、
僕のクライアントもセミナーをビジネスに
組み入れることで、売上が安定しました。

ぜひ、あなたのビジネスにも
組み入れてみてください。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
セミナーをビジネスモデルに組み込むことで、
・セールスフローを要約できる
・高額化しやすくなる
コンサルティングビジネスはもちろん、
多くのビジネスで実践できる!
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください