ごくごく平凡な僕たちにとって、集客の本当の意味とは?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

起業当初、
ビジネスの師匠から
教えてもらった話で、

とても印象に
残っていることがあります。

売るために集めるんじゃない。
 集めるために売るんだ。

 このことを意識するようになってから
 売上が一気に上がり始めた」

実際、師匠は、

「売るために集めるんじゃない。
集めるために売るんだ」

という言葉を、一時期、
毎日ノートに何度も書いていたそうです。

確か、これは、アメリカの著名なマーケッターの
ダン・ケネディの言葉だったと記憶しています。

ダン・ケネディが言っていて、
実際に知っている方が、それを復唱することで
売上が爆発的に増えたと言っている。

のですが、、、

正直、僕は、
その言葉が意味するところが
本当のところ、よく分かりませんでした。

ちょっとだけ、わかった気がしたのは、
その話を聞いて、数年を経た、
割と最近です。

う~ん、我ながら、理解が遅いですね笑

以下は、
今の僕の理解・解釈です。

「売るために集める」
のは、広く集める行為。

「集めるために売る」
というのは、
「お金を払ってくれる顧客」を集める行為。

「売るために集める」、ということは

お金を払う方も、払わない方も
まずは数を集めるイメージですが、

「集めるために売る」というのは、

「お金を払ってくれる」顧客だけを
「集める」というイメージです。

1000人のお金を払わない見込み客と、
30人のお金を払ってくれた顧客。

どちらが、ビジネスに有効か?

そこを考えると、
ビジネスが拡大する、と
教えてくれているんだと思います。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
「売るために集めるんじゃない。 集めるために売る」
「売るために集める」 のは、広く集める行為。
「集めるために売る」 というのは、
「お金を払ってくれる顧客」を集める行為。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください