ごくごく平凡な僕たちにとって、起業が成功と言える年収はいくら?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

会社員を辞めて、
起業をする。

当然、
それ相応のリスクも
あるわけです。

なのに、
わざわざ起業をするからには
何か手に入れたいものがあるのが
一般的ですよね。

そして、多くの場合、その1つは、お金。

はい、僕もそうでした笑

では、いくら稼ぎたいのか?
と聞くと、最初の目標は、

「年収1000万円」

と言われる方が多いもの。

年収1000万円を突破すると
起業が「成功した」と思えそうですよね。

あなたにとって、1000万円は多く思えますか?
稼ぐのが、とても難しい金額に思えますか?

起業を考え始めた頃の僕にとって
1000万円は、途方も無い金額に思えていました。

そんな、ある時、先輩起業家に、
こんなことを言われました。

「1000万円って、計算したことある?
 単純に12ヶ月で割ったら、1ヶ月83万円だよ」

これを聞いて、あなたはどう思いますか?

僕は、初めて聞いた時に

「あれ、そんなもんなんだ。
 簡単じゃ無いけど、どうしようもない金額でも
 ないんじゃないかな、、、」

と思いました。

この話を聞いて、
ちょっとでもハードルが下がった方に
朗報(?)を、もう1つ。

ビジネスにもよりますが、
起業家の最初の壁は、

【年600万円】

といわれます。

これは600万円を稼ぐのが大変、
と言う意味ではなく、

600万円を稼ぐと、そこで満足して
それ以上、稼ごうとしなくなる、という意味です。

この600万円は、年収ではなく、売上ですよ。

なぜ、600万円で満足してしまうのか、、、。

売上600万円は、可処分所得が
会社員の年収1000万円と変わらないからです。

会社員の年収1000万円は
当然、税金やら、年金やらを引かれるので
手元に入る金額は、もっと少なくなります。

起業家の年600万円の売上は、
経費として使える分も含まれているので
会社員の年収1000万円と変わらなくなるのです。

ということは、

年600万円 = 月50万円

を稼げると、
あなたが考えている生活が
少しずつできるようになり、

周りからは、
「起業して良かったね」とか、
「うまく行っているらしいね」なんて
言われる生活が送れるかもしれません。

勘違いしないでくださいね。
年600万円は、ゴールではなく、
あくまでも通過点ですよ笑

でも、こう考えると、
ハードル、だいぶ下がりませんか?

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
売上600万円は、可処分所得が
会社員の年収1000万円と変わらない。
月50万と考えると、ハードルがだいぶ下がる。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください