ごくごく平凡な僕たちにとって、クソつまらないセミナーでした

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

僕は起業したばかりの頃から、
現在に至るまで、
他人のセミナーに出ては、

会場の見取り図や
タイムスケジュールから
話す内容まで

事細かにメモして、分析している、
という習慣があります。

最近はちょっと、さぼり気味ですが、、(笑)

そうやって分析したセミナーの中には
おもしろいな!と思うものがある一方、

つまらない、、、と思うものが
いくつかありました。

正直、つまらなすぎて
席を立って帰りたくなるレベルのものも。

フロントエンドセミナーですから
金額は2~3000円くらい。

時間は2時間以上という時もあるので
参加費に目をつぶれば、

とっとと帰って、他の仕事をしたほうが
時間の有効活用、と言えるかもしれません。

でも、僕は帰ったことがありません。

そういうセミナーに出会った時、
僕の頭に浮かぶのは、、、

「なぜ、こんなにつまらない、と
 感じるのだろうか?」

という疑問でした。

ポイントは、

「このセミナーは、
 なぜこんなにつまらないのか?」

ではなく、

「つまらなく感じるのか?

です。

何が言いたいのか、というと、
そのセミナーがつまらないかどうかは
主観でしかないので、

他の誰かにとっては、
「とっても面白い!」
となるかもしれません。

でも、僕はつまらなく感じる。

そこを言語化して、自分ならどう変えるか?
それを探るために、セミナーに出続けました。

繰り返しますが、
そのセミナーを面白いと
思う人もいると思います。

でも、僕と同じように
「つまらない」と思う人がいたとしたら

その理由を分析して、変更した内容は
きっと面白い、と思ってもらえるはずです。

これを繰り返して行くと、
自分が面白い! 好き! と思えるものを

同じように、「面白い!」「好き!」と
言ってくれるお客さんが集まるようになる

ということ。

これはセミナーに限りません。
サービスでも、商品でも、接客でも
何にでも言えるはずです。

ぜひ、あなたが

「嫌だな」とか、「つまらないな」とか、

もっと言えば腹が立つことなどを

分析して、

「自分なら!」という形変えてみてください!

=====================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
セミナーや商品を体験してつまらないと感じたら、
なぜ、つまらないと感じるのか分析してみる。

「自分ならこうする!」を見つけ、
自分のセミナー、商品に取り入れる!
=====================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください