ごくごく平凡な僕たち、やればいいのは分かっているけど、、

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

先日、起業目前の
50代のクライアントさんから
こんな質問を受けました。

「もう、
 起業まで半年を切りました。
 そのために、やりたいこと、
 やるべきことは、いくつもあります。

 やればいいのも分かっているし、
 やらなきゃダメだとも思っているんです。
 なのに、全然、進まないんです。

 どうしたらいいんでしょうか?」

あなたは、こんな経験ありませんか?
僕は、よくあります笑

ちなみに僕は、起業直前に
コンサルティング契約を2件受注して
まとまった売上が出たものの、
起業後の3ヶ月、

「やればいい。やらなきゃいけない」

と思いながら、何もしませんでした。

本当に、何もです笑

こう言う状態の時の理由は
細かくあげればいくつもあります。

今日は、そのうちの1つをお伝えします。

それは、、、

 

【実現してしまうことへの恐怖。】

 

今回、相談してくださった方の
手が止まる、進まない理由は
まさにこれです。

準備が進めば進むほど、
「会社員を辞めて、起業する」
と言うことが、どんどんリアルになる。

望んでいることのはずなのに、
不安定になることへの恐怖が
強烈にあるわけです。

これ、あなたにも
心当たりはありませんか?

起業というビジネスの場面
でもそうですが、

結婚や進学など、
ライフスタイルの場面でも

当てはまるのではないか、
と僕は感じています。

新しいサービスをスタートする時や
新規事業を始める時。

やりたいはずだし、売上も欲しい。

でも、心のどこかで

「売れると忙しくなっちゃうし、、、」

「新しいお客さんがついて、
 うまく進まなかったら、、、」

なんて、言語化されていない恐れがあると

準備が進みません。

まさに
「やればいいのは分かっているのに、、、」
と言う状態です笑

こう言う時に、どうすればいいのか?

僕の回答は、

「その恐れを認めること。
 そして、それを、誰かに笑って話すこと」

です。

「いや~、正直、ビビってるって、
 気がついちゃったんだよね」 と。

これ、認めるだけじゃなくて、
人に伝えることがポイントです。

認めたのに、人に話せない、と言うのは
自分の中で、
「よくないこと」と思っているからです。

「よくないこと」と思っていると、
パワーが奪われます。

人に話せる、と言うことは
「大したことじゃない」と思えている証拠なので
気持ちが楽になり、行動できるようになります。

「やればいいのに、、、」と
動けないことがあるなら
恐怖を認めて、人に笑って話してみてください。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
「やればいいのは分かってるけど、、、」
と動けないことがあるなら その恐怖を素直に、
正直に認めて、人に笑って話してみてください。
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください