ごくごく平凡な僕たちにとって要注意!グループワークのタイムマネジメント

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

セミナーや、
ワークショップなどで
ワークをやってもらうが
ありますよね。

個人個人の場合でも、
グループで取り組んでもらう場合でも
ワーク中に集中してもらいたいし
盛り上がってもらいたい。

でも、集中しすぎたり、
盛り上がりすぎると、、、

「はい、終了です」

と言っても、なかなか手が止まらなかったり
グループ内での話が終わらなかったり。

そうなると、講師である
あなたのステータスは、知らず知らずのうちに、
少しずつ落ちていきます。

盛り上がって欲しいし、
時間が終了したら、すぐ講師に注目して欲しい。

どうすれば、両立できるのか?

2つの方法で簡単にできるようになります。

1つ目は、
【声を出してタイムマネジメント】をすること。

例えば、5分間だとしたら、

「2分30秒経過です。残り半分ですよ」

「あと1分です。意見をまとめてください」

などなど。

要所要所で時間を伝えることで
個人ワークはもちろん、グループワークでも
終了に向けて、話し合いが
自然とコントロールされます。

2つ目は、【終了の拍手】

「では、5分経ったので終了です」
といっても、グループによっては、
白熱して(?)、話し合いが続くことも。

そんな時は、
「はい、そこまでです!」と言って
自分から拍手をします。

すると、それに気がついた参加者が
拍手をし始めるので、
自然と全員が話を終えて、
講師である、あなたに注目します。

声を出してのタイムマネジメント。
終了時の拍手。

この2つを上手く使いこなせると
場のコントロールができるようになり
あなたの講師としての
ステータス・信頼感が高まりますよ。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
グループワークのハンドリングを誤ると、
あなたのステータスは落ちる。
声に出して、要所要所で時間を伝え、
拍手をして、終了するタイムマネジメントが重要!
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください