ごくごく平凡な僕たちは、なぜ、2階の飲食店に入りづらいのか?

 

こんにちは!

知識・スキルのリノベーションで、
あなたの知識・スキルが高単価・高成約率のビジネスに進化する!

あなた商品化プランナーの
亀田 智仁です。
 

初めて行ったエリア・街で
飲食店を探しているとします。

目の前に雑居ビルがあり、
1階は、ガラス張りで
中が見えるラーメン屋さん。

2階も飲食店らしいものの、
看板には、「ビストロ 亀田」
と書かれているだけ。

さて、あなたなら、どちらのお店を選びますか?

1階のラーメン屋さんを選ぶ、
という方が多いはずです。

その理由を一言で言えば、、、

 

「情報量の違い」

 

1階のお店は、「ラーメン」という、
味も価格もイメージしやすい業態。

その上、ガラス張りで中も見えているので
お店の雰囲気や、スタッフ、清潔感などの
確認もできます。

それに対して、2階は、
飲食店で、おそらく洋食であろう、
という程度の情報しかありません。

あとは、オーナーが亀田さんかな?
ぐらいですかね笑

 

人は、良くわからないものは選択しません。

 

だから、自然と、1階のラーメン屋を
選ぶ確率が高くなります。

これ、飲食店に限ったことではありません。

例えばセミナーもそうです。

情報を隠すのではなく、
できるだけ多く伝える。

その上で、選ぶか選ばないかは、
参加者に判断してもらう、というのが
1番大切なことです。

ちなみに、2階にある飲食店はどうすればいいのか?

1階の見えるところに、
メニューを出す(価格・写真など)、
お店やスタッフの雰囲気がわかる写真を出す。

これだけでも、情報量が変わるので
お客さんの判断が変わってきますよ。

======================
【今日の知識・スキルのリノベーションメソッド】
情報を隠すのではなく、できるだけ多く伝える。
情報量が変わると、顧客の判断も変わってくる!
======================


【Finding the NEO  1Dayセミナー】
2018年より毎週土曜日開催!
今の手持ち知識・スキルを1ミリも変えず、
月35万円を稼ぐ!あなただけのオリジナルビジネスを
構築する秘伝のメソッドをお伝えします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください